精油 ラベンダー Lavandula officinalis

精油 ラベンダー (真正ラベンダー)
学名 Lavandula officinalis
科名 シソ科
抽出部分 葉・茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
主要成分 酢酸リナリル ラヴァンドゥロール リナロール ゲラニオール リモネンなど

rabennda 精油の特徴
名前は「lavare」(洗う)というラテン語から由来しています。
とても扱いやすいことや、様々な効能があるので世界各地で愛されて広くつかわれている代表的な精油です。
かわいい紫の小さな花が咲きます。
抽出される精油には、古くから薬用として使用されていたことが知られています。抗炎症作用、殺虫作用、鎮静作用がよく知られています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る