EPA(エイコサペンエン酸)

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。

EPAは、オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれています。
そしてオメガ3は人体にとってとっても嬉しい働きをしてくれます!

 

オメガ3とは?

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
オメガ3は不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、その構造からオメガ3(n-3系脂肪酸)、オメガ6(n-6系脂肪酸)、オメガ9に分類されます。

現代人の食生活は必須脂肪酸
(身体の中で合成できない必要な脂肪酸で食品から摂取しなくてはならない脂肪酸)

青魚やえごまに含まれるαリノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。

今日では情報伝達物質に深く関わり、認知症や記憶力などに影響するとも言われています。情報伝達物質とは身体だけでなく思考なども影響しています。

オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。どの油や食品をとればいいかなどは
その含有量が鍵です!

必須脂肪酸といっても摂り過ぎは肥満の原因となります♪
必要な栄養素を必要な分だけ…しっかりと摂取しましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">