熱海へ来たら来宮神社へ

秋のWordPressブランディングセミナー熱海合宿を受講しています。

今回は横浜で急用があり、10日間滞在することになりましたが、

これは願ってもいないチャンスの到来。
以前から参加したいと願っていた、 熱海合宿、そして異業種の方々と学んだ
ノマド受講生&熱海合宿の同窓会に参加できることになりました。

そして、今回予定になかった熱海の屈指のパワースポット「来宮神社」
こちらも行きたいと、願っていたのですがこちらも叶いました。

参拝を始めると、境内の中に涼しげな風を感じました。
近くを流れる川のせせらぎと、柔らかい陽ざしに2000年以上も見守り続けた大楠。

来宮神社参拝2

参拝前の手水
こちらにもエネルギーが感じられます。

来宮神社参拝

大楠樹齢2000年以上の大木です。
国指定天然記念物に指定されています。境内に入ると身が引き締まる思いです。

来宮神社参拝3

願いごとがある人は、誰にもいわずひとまわりすると願いがまとまるといわれています。

熱海に来たら、参拝したいと願っていましたが、思わぬところで訪れることができました。
エネルギーパワーと自然と調和することで、心も穏やかになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

つやつやの艶髪になる薬膳料理

薬膳中医学では、女性には、補血が大切といわれています。

良質なアミノ酸、ミネラルが豊富で、造血を促す食べ物。といったイメージでしょうか。

中医学では、女性はとくに、血(けつ)が不足する生物だということなので、食事から、毎日補うことが大切。

例えは

しめじ、アーモンド、カシューナッツ、松の実、牛肉、、豚肉、赤貝、アサリ、穴子、めかじきまぐろなど・・・

まだまだ補欠に役立つ食事は多く存在します。

さらに。ビタミンCとビタミンPそして、海藻類を一緒に、摂取することで、より吸収しやすくなります。

白髪、つや、コシがなくなったり、髪がうすくなったりを感じる前に摂りましょう。

健康のためによい食事を薬膳料理といますが、中医学は古くから伝えられる食事療法、代替療法などを通して、健康のために役立ててきました。現在ではそのような薬膳で身体全体の美容にも役立てられています。
薬膳料理や、メディカルハーブなど身近な生活に少し意識するだけで、 3年後、5年後、10年後、毎日の積み重ねが自分の細胞を作っているということを、念頭にお食事も意識してとりたいものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

EPA(エイコサペンエン酸)

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。

EPAは、オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれています。
そしてオメガ3は人体にとってとっても嬉しい働きをしてくれます!

 

オメガ3とは?

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
オメガ3は不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、その構造からオメガ3(n-3系脂肪酸)、オメガ6(n-6系脂肪酸)、オメガ9に分類されます。

現代人の食生活は必須脂肪酸
(身体の中で合成できない必要な脂肪酸で食品から摂取しなくてはならない脂肪酸)

青魚やえごまに含まれるαリノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。

今日では情報伝達物質に深く関わり、認知症や記憶力などに影響するとも言われています。情報伝達物質とは身体だけでなく思考なども影響しています。

オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。どの油や食品をとればいいかなどは
その含有量が鍵です!

必須脂肪酸といっても摂り過ぎは肥満の原因となります♪
必要な栄養素を必要な分だけ…しっかりと摂取しましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る